2人で!

こんにちは、FC坂東の岡安です。

 

相手のボールを奪いにいく際、一人よりも二人、人数が多いほど相手の動きを封じることができます。

その分、相手に抜かれた時はピンチです。守り側も相手の動きを予測して、位置取りをします。

 

攻守共に展開を考えた見事な連携で、ピンチをチャンスに、勝つことができました。